描画法

クロッキーがデッサンよりおすすめ!高速で漫画を描けるようになる方法

クロッキーがデッサンよりおすすめ!高速で漫画を描けるようになる方法

眼鏡くん
とにかく速く、それっぽい漫画を描けるようになりたい!

描きたいものがたくさんあるんだよ。

帽子ちゃん
漫画は線画だから、形さえ捉えられればそれっぽく見えるよ。

クロッキーをやれば良いんじゃない。

はてな

漫画の背景.xyzは、元漫画アシスタントのNはしが発信・制作に関して色々と解説しているサイトです!

この記事はこんな方におすすめ

  • 漫画を描きたい。絵の勉強といえば、デッサンなのかな?
  • クロッキーって何?
  • クロッキーとデッサンって何が違うの?

 

クロッキー重視がおすすめ/漫画にデッサンは必要?

漫画を描くために、デッサンは出来ていた方がいいです。

しかし、実はデッサン出来なくても漫画は描けます

 

インスタントな手法になりますが、高速でとりあえず見られる絵を描くためには、

デッサンよりクロッキーを数こなす

というのがオススメです。

 

"デッサンは知っているけど、クロッキーという言葉は聞いた事がない"という人も多いのではないでしょうか。

ひとつひとつ解説していきます。

眼鏡くん
確かに、デッサンは美術でよく聞くけど、クロッキーって言葉はちょっとマイナーだよね。

クロッキー=形を捉える/デッサンとの違いは?

クロッキーは、デッサンの前段階にやる作業になります。

 

デッサンでしっかり絵をつくる前に、

・クロッキーブックでモチーフの形を捉える練習をする

・構図をよく考えるために何パターンか構図のラフ画を描く

という事をします。

デッサンの前準備という感じで、形を大きく捉えるのがクロッキーの目的です。

歴史に残る西洋絵画の巨匠も、こんな感じの作業をしています。

 

漫画も、原稿にペンを入れる前にネームという作業で、全体像を計画しますよ。

↓漫画の下書き、ネームについてはこちら

いきなり描くのは待った!!漫画の設計図、ネームを描こう

目次1 いきなり描くのは待った!!漫画の設計図、ネームを描こう2 1.のプロット3 2.ネーム=漫画のコマ割り設計図4 漫画とイラストレーションとの最大の違い=コマ割り いきなり描くのは待った!!漫画 ...

続きを見る

基本的には、人の目に触れるプロの作品は、いきなり描いて完成!は少数派です。

 

作品を描く時には自分の技術を全部注ぎ込むので、それにふさわしい構図や計画をあらかじめ自分で確認する事が多いです。

「めちゃくちゃ力を入れて絵をつくったけど、構成が残念だった。」

だとすごく残念ですよね。

ものをつくる時には共通の考え方な気がするので、心構えとして覚えておくといいかもしれません。

↑クロッキーブックを使って落書き的に構図を考えたり、形をとる練習をします

クロッキーはデッサンの前段階/デッサンの目的=陰影

デッサンの目的=陰影で形を表現する

です。

クロッキー-デッサン

クロッキーに対して、デッサンではモチーフの陰影(影)を細かく描写していきます。

漫画のように線で形を取る事はしません。

 

形の凹凸を影の陰影で表現します。

これがデッサンをする目的で、ただ線で形をとるより高度な事です。

クロッキー-デッサン用石膏像

純粋に陰影を捉えるために、石膏像を使ってデッサンするのが一般的です。

影の濃さを適切にすれば、くっきりした線なしに物の凹凸を表現出来るのです。

眼鏡くん
クロッキーは形で、デッサンは濃淡だけで立体感を出すわけね。

クロッキー推奨の理由/デッサンと漫画は表現したいものがそもそも違う!

漫画はデフォルメされた絵で、線画です。

 

影はトーンやカケアミなどで表現しますが、つけペンで描くので、そもそもデッサンほどは描き込む事が出来ません。

↓アナログで描く場合、漫画はつけペンで描きます。

【初心者向け】アナログで使う漫画道具12選!

【初心者向け】アナログで使う漫画道具12選! 眼鏡くんアナログで漫画を描きたいけど、何を揃えれば良いの?? 帽子ちゃんこの記事では、初心者が揃えるべきアナログ漫画道具を紹介しています。 こんにちは、N ...

続きを見る

↓線で表現するため、陰影を表現する場合はトーンのぼかしや、カケアミを使います。

【漫画効果】トーンを綺麗にぼかすためのコツ!【アナログ】

目次1 【漫画効果】トーンを綺麗にぼかすためのコツ!【アナログ】2 [アナログ]トーンの効果・ぼかし3 トーンでぼかしをつくる大事なコツ。4 トーン ぼかし 実践 【漫画効果】トーンを綺麗にぼかすため ...

続きを見る

 

それに、コマで流れがある事前提である漫画では、描き込みのバランスを間違えると読みにくくなってしまう事もあります。

むしろ、必要最低限の線の方が、コマ割りの流れを制御しやすいかもしれません。

[直前]漫画のコマ割りのコツをgifアニメと共に解説します。[直後]

目次1 [直前]漫画のコマ割りのコツをgifアニメと共に解説します。[直後]2 漫画のコマ割りでキャラを生き生きと動かしたい。3 動きが出やすいのはインパクトの直前、直後4 コマ割りでは直前、直後を意 ...

続きを見る

それに、ドラマを伝える事がメインになるので、極端ですが、陰影0でもストーリーを伝える事は可能なのです。

クロッキー力を鍛えよう!デッサンよりと近道かも

そんなわけで、

凹凸を陰影で表現するデッサン

形を捉えるクロッキー

両者を比較した時、クロッキーの方が漫画に結びつきやすいのではないかと思います。

 

本来は、

デフォルメはリアルに近いものを余計なものを省き、重要な部分を強調する

という流れです。

なので、デッサンができた上でデフォルメしていく方法が、本当は正道です。

 

でも、漫画はシナリオを考えたり、道具に慣れなければいけなかったり、やることがめちゃくちゃ多いです。

私には、その上デッサンを極めるのは大変すぎたので、必要最低限でやるために形をとる事を重視していました。

 

形を捉えるために数やっていくと、結局陰影も少しずつ分かっていきますよ。

こういう絵への入り方もアリではないでしょうか?

 

デッサンより知名度の低いクロッキーですが、漫画を描きたい人はこちらを重視してやってみるといいかと思います。

 

帽子ちゃん
形をまず捉えられないと濃淡で立体感を出すのは不可能なので、デッサンの方が高度。でも、それが出来ないと漫画が描けないわけではないんだね。
【初心者も出来る】パースの書き方①写真からの消失点の見つけ方

【初心者も出来る】パースの書き方①写真からの消失点の見つけ方 眼鏡くん背景を描くにはパースというのが必要なんでしょ? どうやって書けばいいのかな? 帽子ちゃんこの記事では、実際の写真を使って、初心者に ...

続きを見る

【初心者も出来る!】パースの書き方②消失点が複数出来る時とは?

【初心者も出来る!】パースの書き方②消失点が複数出来る時とは? 眼鏡くんパース(遠近法)では、消失点が複数ある場合があるって、本当? 帽子ちゃんこの記事では、どういう場合に消失点が複数になるのかを、初 ...

続きを見る

【初心者も出来る!】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る!

【初心者も出来る】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る! 眼鏡くんこの記事は、初心者向けパース講座の3回目です。 ↓講座の2回までで、消失点の出し方を紹介してきました。 眼鏡くん消失点 ...

続きを見る

【初心者でも出来る!】パースの書き方④架空の世界を構築するために

【初心者でも出来る!】パースの書き方④架空の世界を構築するために 眼鏡くんこの記事は、初心者向けパース講座の4回目です。 帽子ちゃん3回目まで見ると、パースについてどんなものなのか、大体のイメージはつ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-描画法

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.