描画法

【漫画】初心者もカンタン!モブの描き方のコツ3選

【漫画】初心者もカンタン!モブの描き方のコツ3選

眼鏡くん
漫画を描く時に、背景にいる小さい人間を描きたいんだけど、あれってモブって言うんでしょ?描き方にコツとかないのかなあ。
帽子ちゃん
実は、モブは演出に関わった存在・・モブを描く時のちょっとしたコツをお教えします。

はてな

漫画の背景.xyzは、元漫画アシスタントのNはしが発信・制作に関して色々と解説しているサイトです!

【初心者向け】イラスト副業オススメ

眼鏡くん
イラストの副業なんて、本当にあるの?

モブの描き方のコツ3選の前に、”モブ”って何?

モブとは、”群衆”の意味です。

メインキャラクターがコマの中にいて、後ろに街や学校などの人がいる事の多い背景が入っている時、誰もいないと不自然ですね。

 

そんな時に描かれるのがモブ(群衆)です。

帽子ちゃん
「ここにモブ描いておいて」なんて使い方をするよ。
眼鏡くん
ドラマでいうエキストラ的な存在かな?

モブの描き方のコツ①目立たせない

Nはしは、描けるは描けるんですけども、モブはちょっと苦手意識があります。

なぜか?と言いますと…

モブはメインキャラクターより目立っちゃいけません。

小さいモブなら顔を描かないパターンもありますが、ある程度の大きさだと、顔も描かなくてはいけません。

モブの顔は

step
1
印象に残らない

step
2
特徴のない

step
3
影のうすーい顔

でなくちゃいけません。

帽子ちゃん
主役には主役の、モブはモブの役割があるのです。モブの役割は、まさに”空気”。必要だけど、目立っちゃいけません。
眼鏡くん
なんか忍者みたい。

良い例

ダメな例

モブがメインキャラクターよりイケメンだったり、美少女だったりすると、おかしな事になってしまいますね。

名前すらない舞台の端役。

存在感を出さずに描く、というのが訓練されていないと意外と難しいです。

眼鏡くん
いや、上のはさすがにやらないでしょ??

 

良い例2

ダメな例2

眼鏡くん
伏線でないとおかしい存在感やん

モブの描き方のコツ②服装、色味も目立たないものにする

モブはメインキャラクターを際立たせなくてはいけないので、服装も目立たないものにします。

 

メインキャラクターが色が薄めなのに、モブキャラがすごく派手な色+奇抜な服を着ていたら、読者の目がそちらに向けられてしまうからです。

眼鏡くん
モブはメインキャラクターを立てる存在である必要があるって事かー。

 

そんな目線でテレビなども見てみると、なかなか面白いです。

ドラマでは主役が一番画面に映える、存在感のある服装に計算されている事が多いです。

 

キャラにもよりますが、脇役の服装は主役より色が薄めか、地味な配色になっている事が多いのではないでしょうか?

 

なんとなーくで決まっているわけではなく、優れた作品は、爪の先まで神経が通っていて読者目線が計算されており、この辺りも抑揚で表現するんですね。

上手に目立たせたいキャラにスポットライトを当ててあげると、効果的に読者にキャラクターの魅力を伝える事が出来ます。

こちらの記事もおすすめ

モブの描き方のコツ③比較で描く事を意識しよう

絵は、柔らかいものはより柔らかそうに、硬いものはより硬そうに、など、比較で表現します。

・モブはうすーい顔を描く

・メインキャラクターはバチッとかっこよく

など、メリハリをつける事で作品の何に焦点を当てたいのかを明確にする事が出来ます。

眼鏡くん
むー、なるほど、目立たないキャラがいるから、更に主役が主役らしく見えるんだね。
帽子ちゃん
単純に言うと、主役は太めの線で描く。モブは細い線で描く。それだけでも抑揚が出て目が行きやすくなるキャラクターが作れるよ。

 

うすーいモブ、是非描けるようになってみてくださいね。

スポンサーリンク

-描画法

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.