描画法

【初心者でも出来る!】パースの書き方④架空の世界を構築するために

【初心者でも出来る!】パースの書き方④架空の世界を構築するために

眼鏡くん
この記事は、初心者向けパース講座の4回目です。
【初心者も出来る】パースの書き方①写真からの消失点の見つけ方

【初心者も出来る】パースの書き方①写真からの消失点の見つけ方 眼鏡くん背景を描くにはパースというのが必要なんでしょ? どうやって書けばいいのかな? 帽子ちゃんこの記事では、実際の写真を使って、初心者に ...

続きを見る

【初心者も出来る!】パースの書き方②消失点が複数出来る時とは?

【初心者も出来る!】パースの書き方②消失点が複数出来る時とは? 眼鏡くんパース(遠近法)では、消失点が複数ある場合があるって、本当? 帽子ちゃんこの記事では、どういう場合に消失点が複数になるのかを、初 ...

続きを見る

【初心者も出来る!】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る!

【初心者も出来る】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る! 眼鏡くんこの記事は、初心者向けパース講座の3回目です。 ↓講座の2回までで、消失点の出し方を紹介してきました。 眼鏡くん消失点 ...

続きを見る

帽子ちゃん
3回目まで見ると、パースについてどんなものなのか、大体のイメージはついたと思います。
眼鏡くん
消失点とかアイレベルとか、理屈はなんか分かってきた気がするよー。
帽子ちゃん
今回はおさらいです。

パースで絵を起こすとどんな感じであらわされるのか、具体的に触れてみましょう!

眼鏡くん
まあ、結構不思議だよね。

パースに則ると、本当に大きさの矛盾なく描けるのかな?

この記事はこんな方におすすめ

  • パースで書くときの大きさを実際に見て体感したい
  • 書き込みする時にパースをどう活かせば良いのか知りたい!
  • 背景とキャラクター、どちらも描けるようになりたい♪

【初心者でも出来る!】パースの書き方④パースで書くと、どこに置いても大きさは変わらない

【初心者も出来る!】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る!

【初心者も出来る】パースの書き方③全ての消失点は、アイレベル上に出来る! 眼鏡くんこの記事は、初心者向けパース講座の3回目です。 ↓講座の2回までで、消失点の出し方を紹介してきました。 眼鏡くん消失点 ...

続きを見る

帽子ちゃん
前回、"アイレベル"を見ると撮っているカメラ位置が分かる、と説明しましたね!

↓この絵の通りです。

眼鏡くん
そうそう、目の高さがアイレベルで、目の高さ上に消失点は出来るんだったねー。

 

帽子ちゃん
撮っているカメラを写真上に配置すると、以下のような感じになります。

眼鏡くん
5〜60cmほどのカメラだけど、この部屋のどこに置いても、ちゃんと5〜60cmで表現出来るのかなあ?
 

 

帽子ちゃん
パースで計算して描くと、別の場所に置いたからと言って大きさが変わったりする事はありません。

先程のカメラをたくさん置くと↓のような感じです。

眼鏡くん
おお、本当だ。60cmはどこまで行っても60cmなんだね…

奥の部屋に置くとあんなに小さく見えるのか。

【初心者でも出来る!】パースの書き方④180cmはどこまで行っても180cm

帽子ちゃん
では同じ写真に、今度は180cm君を置いてみましょう。

眼鏡くん
彼は180cmなんだね。

何で180cmを推定出来るの?

帽子ちゃん
背景に合わせてキャラを描く時は、窓の柱など、高さが推察出来るものを基準にします。
眼鏡くん
なるほど…建築のドアの高さがだいたい180cm。

それを目安にしてキャラクターの身長を合わせれば良いのか!

 

帽子ちゃん
180cm君を部屋のいろんな所に配置してみると、彼はこんな感じ。

帽子ちゃん
彼の身長が180cmだとすると、彼の頭から消失点2に向かう、頭の近くの紫の線は全て180cmになります。

足の方も消失点に向かう線に合わせます。

眼鏡くん
奥の椅子に座らそうとすると、だいぶ小さく描く事になるんだなあ!;

 

帽子ちゃん
立つ位置が変わると、また変わります。

今度は消失点1。

眼鏡くん
そうか、消失点1側もあるんだね!

こちらも、どこに配置しても180cmなんだね。

【初心者でも出来る!】パースの書き方④150cmもどこまで行っても150cm

帽子ちゃん
高さが変わって、150cmちゃんでもやり方は同じです。

眼鏡くん
彼女は180cm君よりどこにいてもちゃんと小さく描かれてるね。

帽子ちゃん
パースに則れば、あべこべな事が平面上に起こる事はありません!

 

帽子ちゃん
180cm君と150cmちゃんを混在してみました。

眼鏡くん
バラバラの場所に違う身長のキャラクタが立っているけど、パース的に合ってるから違和感ないね!

【初心者でも出来る!】パースの書き方④まとめ

帽子ちゃん
遠近法を使うと、こんな感じで正しい表現で絵を描く事ができます。
眼鏡くん
ちょっと大変だけど、法則があるから架空の世界を平面上に構築出来るんだね。

 

帽子ちゃん
近くにいる時は150cmなのに、遠くに行った時に160cmになったり170cmになったりしていたら、違和感を感じて物語に入り込めませんね。
眼鏡くん
自分の世界に読者を引き込むためにパースが必要なんだね!!

ちょっと難しいけど、強力な武器な気がしてきた!

帽子ちゃん
自分の世界を表現するために、是非パースを利用してみてくださいね♪

スポンサーリンク

-描画法

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.