アナログ 描画法 道具

トーンを重ねる時に気をつけたい事【モアレ/アナログ手法】

眼鏡くん
アナログでトーンって重ねて貼れるらしいじゃん!やってみたい
帽子ちゃん
トーンの重ね貼りは何も考えずに貼るとカッコ悪くなっちゃうよ。コツがあるから、今日はそれをやっていこう。

この記事はこんな方におすすめ

  • アナログで漫画を描きたい
  • トーンを貼る時に重ね貼りをしたい
  • 他の人のトーン重ね貼りの練習作品を見たい

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

アナログで漫画を描く時、グレー部分はトーンで表現されます。

トーンの使い方は何種類かあります。

これまでいくつかご紹介してきました。

ココがポイント

ココがポイント

ココがポイント

本日は、トーンを重ねて使う「重ね貼り」のやり方をご紹介します。

 

重ね貼りは、その名の通り、トーンを重ねればいいのですが、何も考えずに重ねてしまうと、模様になります。(下の画像、左側部分)

なんかチェックみたいな模様になっていますね。

トーンを重ね貼りして出来るこの模様のことを、「モアレ」と言います。

アナログでトーンを重ねて貼る時に避けたい、「モアレ」

「じゃあ、この模様を模様として使おう!」

と思われるかもしれませんが、基本的にはモアレは避けるべきものという印象が強いです。

業界的に?あまりカッコイイものという扱いではない感じです。

 

眼鏡くん
じゃあ、モアレをつくらないためにはどうしたらいいのさ?
帽子ちゃん
ポイントはトーンの番号だよ。

 

モアレを避けるためには、「トーンの番号」を理解してから重ね貼りする必要があるのです。

同じ番数どうしを重ねると、モアレは出ません。

どういう事か、説明していきます。

 

ポイント

トーンは、同じ番数で重ねると、モアレがでない

アナログでトーンを重ねて貼る時には番号に注意しよう

ドットのトーン(影などの基本的なところに使うトーン)には全て番号があります。

トーン番号の2桁の数字が

  • 少ないほど、ドットの大きさが大きい
  • 数字が多いほど、ドットの大きさが小さい

という感じです。

以下を見ると、分かりやすいです。

ドットが大きい

50番台

60番台

70番台

80番台

90番台

ドットが小さい

 

更に、1ケタの番号でそれぞれ濃さを表します。

必要なモノ

  • 数字が小さいほど、薄い
  • 数字が大きいほど、濃い

 

例えば、50番台だと

薄い

51

52

53

54

55

56

濃い

 

 

そして、印刷した時に、ドットが小さ過ぎると潰れてしまいますので、漫画を描く時に使うトーン番号は限られてきます。

ポイント

ドットが潰れると、下の線が見えなくなったりして、あまり綺麗とは言えない感じなので注意です。

ドット潰れを避けようとすると、印刷で潰れない番数は50~80番台。

 

人物の影に貼るトーンは61番がオーソドックスな気がするので、それを使っておくと良いです。

 

眼鏡くん
40より下もあるの?
帽子ちゃん
あるよ。ドットが大きくて模様の感じが強いから、効果として使われる事が多い。

アナログでトーンを貼る時に、どうすればモアレを避けられるの?=同じ番号を重ねよう。

モアレが出来るのは、

2桁の違う番数のトーンを重ねた時

です。

NG(モアレが出る)

50番台と、60番台or70番台などの組み合わせ(51と61or71でもダメ)

 

モアレを避けるには

・50番台は50番台と重ねる(例:51と53→ok)

・60番台は60番台と重ねる(例:61と63→ok)

・70番台は70番台と重ねる(例:71と73→ok)

という事です。

番台が同じであれば、1の位の数はどれでも問題ありません。

 

ただし、同じ番台のトーンを使っても、角度がずれるとモアレが出ます。

重ねる時は、下のトーンと同じ角度に合わせて貼る必要があります。

結構気を使う作業です。

 

同じ番台で角度を同じで重ね貼りした例(モアレは出ない)

 

同じ番台で角度をずらして重ね貼りした例(モアレてる)

眼鏡くん
えっ・・こんなに細かい作業なのか;
帽子ちゃん
その分、深みが出るんだよ。

アナログ:トーン重ね貼りの練習作品

以下、おまけでNはし練習作品です。

同じ番数のトーンを重ねてつくったので、モアレは出ていません。

 

多分、アシスタントに入ってすぐ位の練習作品です。

 

 

当時トーンの知識がなく、ドットの潰れやすい90番台のトーンでつくってしまっていますが、練習にはなりました。

(デリーターSE-92とメモってますね)

トーン重ね貼り+削り

 

トーンの重ね貼り、綺麗な表現に使えますよね。

なお、何かの教材を参考に、真似して練習として描いた記憶があるので、Nはしの創作ではありません。

その教材が何だったか、全く思い出せない、、。スミマセン。

 

余談:webで見ると関係なくモアレが出る事あり。web発表にはトーンは不要?

アナログでモアレが無いように処理しても、webで見るとなんの加減かモアレになってしまう事が起きています。

(場合によっては重ね貼りしなくてもモアレになる)

 

拡大縮小の問題のようなのですが、

・拡大して、実際の大きさにするとモアレがなく見える

・デバイスの大きさに縮小されるとモアレが出る

という事のようです。

 

前にiphoneアプリの漫画で、

・拡大すると大丈夫だけど、デフォルトで表示された状態(多分縮小されてる)だとモアレになってしまう

という状況がありました。

 

レビューで結構きつい言い方で、

「プロのくせにモアレをつくるなんて!」

と指摘されていて、見ていてお気の毒でした。

拡大すると問題ないんですよ、、。

 

描き手としては、ちゃんとやっているのですが、大きさがデバイスの画面で変わってしまうと、どうしようもありません。

 

「webでのみ発表する」という場合は、グレー部分はドットのトーン状にしない方が、むしろ見やすいかもしれません。

トーンは元々、印刷で濃淡を表現するためのものなのです。

 

なんとなく時代の流れを感じつつも、トーン重ね貼りは手間がかかる分、出来上がった時の美しさはなかなかのもので、絵描きとして自信になります。

 

是非チャレンジしてみてください。

-アナログ, 描画法, 道具

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.