アナログ 描画法 道具

【漫画集中線/書き方】ベタフラッシュの綺麗な書き方【アナログ】

【漫画集中線/書き方】ベタフラッシュの綺麗な書き方【アナログ】

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

今回は、漫画のベタフラッシュという効果の作り方をご紹介していきます。

 

パッと見てこれをどう作り出しているかイメージ出来ないかもしれません。

↓これならどう描いているかイメージ出来ますよね。

 

これの超・細かいバージョンです。

ベタフラッシュを描くには、線の抜きがしっかり出来ている事が必要です。

ベタフラッシュに必要な線の抜き

線の抜きとは、これです。

先に向かうにつれて、線が細くなっている状態。

 

 

シャっとある程度の勢いを持って描きましょう。

これが一本描ければ、作業としては同じものを並べていくだけです。

↑の記事で詳しく解説しています

 

・Point

集中線は、これが多少出来ていなくても形に出来ますが、ベタフラッシュでは絶対に出来ていないといけません。

ベタフラッシュの仕組み

なぜ抜きが出来ないといけないかと言いますと

太い→細い になっている線を並べる事でベタフラッシュが出来ている

からです。

均等な線の太さだと、このジグザグが作れないのですね。

 

今回の、出来上がった状態で線数を数えたら、大体720本くらいでした。

これから720本並べていきます!

 

 

所要時間およそ二時間くらいなので、休憩を入れつつ頑張ってください。

(これは大きめにつくったので線も多め)

ベタフラッシュ実践

集中線と同じく、中心に点をうって、そこに向かって線をひいていきます。

 

 

線の入り抜きを意識しつつ、丁寧に。

まず一本

 

二本

細かくて写真では潰れていますが、二本ひいてます

(↑アップ)

あと718本。

 

 

 

コツとしては、線をひいていくうえで1束ずつなんとなく作っていくイメージ。

 

更に、少し遠目でみた時に、形がジグザグっぽくなっていると綺麗に出来ます。

細部を作りながら、全体像をイメージしつつ作業します。

 

↓こちらで説明したフラクタルのイメージみたいな感じです。

 

 

ひきます

 

 

 

どんどんひきます

 

 

 

まだまだひきます

 

 

 

 

折り返し

 

 

 

 

一回り。約720本達成!!

ここで下書きの線を消します。

 

 

 

 

ベタを塗りやすいように、根元の閉じたところの黒部分をペンで増やしてから

 

 

 

 

ベタッ

(周りをベタで塗ります。)

 

 

 

 

完成です!

ベタフラッシュ・まとめ

今回のベタフラッシュを描いてみると、集中線がすごく簡単に感じます。

 

「キノコってグロテスクなのに、最初に食べた人間はすごい」

なんて話があります。

ベタフラッシュの技法を最初に考えた人も、なかなかのものですよね。

こんな細かいやり方をよく考えたものだと思います。

 

前回の集中線で100本なので、このベタフラッシュ720本は約7倍。

こういうものの積み重ねで漫画は出来ています、、。

 

 

今はトーンやデジタルで済ます事が出来るので、本当はあまり描く必要も無いかもしれませんね。

でも、実は単純作業なので時間と手間はかかっても、割と綺麗に出来ます。

こんなのが描けたらちょっと誇らしいでしょ?

 

練習してみると、時間と手間をかけると原稿ってこんなに綺麗に出来るんだ、と自信になると思います。

そう思えれば原稿に時間がかかるのが怖くなくなるし、絵を描きこむのが楽しくなります。

 

集中線の時に説明しましたが、魂を全部の線にこめると死んでしまうので、線の入り抜きだけ意識して綺麗な線をひけるよう、ひたすら繰り返しましょう。

 

慣れで綺麗な線はひけるようになります。

頑張って!

-アナログ, 描画法, 道具

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.