Gifアニメ付き アナログ 描画法 道具

【漫画集中線/書き方】トーンフラッシュの書き方【アナログ】

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

アナログで漫画を描く時は、トーンというシールを使って、グレー部分を作り出します。

前回は、トーンを削ってつくる、「ぼかし」という効果を紹介しました。

 

今回は、トーンフラッシュの作り方を説明します。

 

トーンフラッシュ・ダイジェストgif

これがベタフラッシュ

これをトーンでやりましょう。という効果です。

 

では、トーンフラッシュのGIFアニメでやっている事を、ひとつひとつ解説していきます。

 

トーンフラッシュ 手順

1.用紙に、フラッシュのアタリを下書きで描く

 

中心の点を決めて、円の下書きを描いて、大体の大きさの目安をつくります。

 

下書きなしで綺麗な円形風につくるのはプロでも難しいので、やめときましょう。

 

綺麗な仕上がりには、しっかりした準備が重要ですし、逆に言うと準備さえしっかりしておけば、初心者でも割と出来るはずですので。

 

上にトーンを貼ってしまうため、削り終わった後に、下書き線に消しゴムをかける事は出来ません。

ここは印刷に映らない青のシャープペンの芯がオススメです。

 

シャープペンの芯についてはこちらの記事で。

 

2.カッターでフラッシュを削っていく。

早速削っていきます。

金定規を使って、中から外に向かってカッターで削っていきます。

 

・POINT

カッターで直線をひく時は、必ず金定規を使います。

普通の定規を使ってカッターで直線を切ると、定規が傷ついて使い物にならなくなってしまいます!ご注意を。

(一番下に商品リンクあり。)

 

下書きの中心点を中心に、シャッシャと削っていきましょう。

 

ここから先は、大変ですが、割と作業としては単調です。

トーンのフィルム部分を傷つけないように、印刷されたドット部分だけを削っていきましょう。

 

どんどん削ります。

 

 

 

ひたすら削ります。

 

 

半分。

トーン少し浮いちゃってますね。

これはダメな例なので、こうならないように、トーンヘラでしっかり定着させましょう。

 

 

 

もう少し

 

一回りしました!

 

真ん中と外側のはみ出しを切り取って、完成です!

 

トーンフラッシュに使ったカッターの刃、計12枚。

今回のトーンフラッシュをつくるのに、これくらいカッターの刃を折っています。

 

割と多めですよね。計12枚くらいです。

 

「そんなに折るの?!」

と思われるかもしれませんが、トーンの削りの作業では、本当にすぐカッターの刃は切れなくなってしまいます。

 

なにせ、薄さ1mmくらいのフィルムに印刷された、ドット部分のみを削るという意味不明な    繊細な作業ですので、カッターの切れ味は重要なのです。

 

切れ味が悪くなったらすぐ折ってしまう癖をつけましょう。

 

カッターの刃の折り方はこちらの前回記事でどうぞ。

 

トーンフラッシュのコツ。

コツとしては、やはり削る時に力が入ってしまって、トーンを傷つけてしまいやすいので、そうならない力加減を自分で探す事かなと思います。

 

金定規に沿ってカッターで力を入れず削る、というのがまず難しいのです。

 

特に最初は、金定規を使っても上手く滑らなかったりするので、よくひっかけてトーン表面を傷つけてしまうと思います。

(なんとか見られる程度に仕上げましたが、私の今回のトーンフラッシュも、割と傷つけています、、。)

 

カッターに入れる力は、こればっかりですが、慣れで覚えて行くしかありません。

試行錯誤してみてください。

 

でも、一本シャッと綺麗に出来れば、後はそれを根気よく並べていくだけですね。

 

いきなりフラッシュの形にしようとせず、まず一本綺麗に削れるようになれば、出来るはずです。

 

トーンフラッシュやぼかしが上手につくれるようになったら、トーン作業はほぼ出来ると言えます。

 

難易度割と高めなので、焦らずチャレンジしてみてください。

 

 

↓定規をダメにしないためにも、必ずカッターには金定規を!

↓今回の私のトーンフラッシュのように浮かせないために、しっかり定着が大事です。

 

-Gifアニメ付き, アナログ, 描画法, 道具

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.