アナログ 道具

【漫画初心者向け解説】トーンを綺麗に貼る方法【アナログ】

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

漫画のグレー部分は、アナログの場合、トーンを使って作り出されています。

トーンとは、↓こんな感じのシールです。

 

拡大すると、ドットが並んでいます。

漫画のグレー部分も、よく見るとそうなってますよね。

 

 

そんなトーン、使い方としては主に以下の3つです。

 

1.切って貼る

2.カッターで削って効果を出す(トーンフラッシュ、ぼかしなど)

3.重ね貼りをする

 

 

本日は、1.切って貼る の部分をご紹介していきます。

 

1.カッターでトーンを切って貼る。手順

 

手順としては、割とシンプルです。

 

1.トーンをはりたい範囲より少し大きめに切り取り、剥がして原稿に貼り付ける。

2.いらない部分を切り取る

3.トーン用のヘラで用紙に定着させる

↑のヘラで、貼り付けたトーンをこすって用紙にしっかりくっつけます。

 

トーンの手順は簡単だけど、実際やると、、。

といっても、最初は難しく感じると思います。

 

だって、トーンをここ(帽子)に貼りたいとして、

カッターで切るのは、もちろん帽子の線に沿ってですね。

 

実際に紙でみると、幅1~2mmとかなんです。

ニャンだってー

 

漫画を描く人にとっては当たり前ではあるんですけど、私は初めて知った時

「え?この幅で切れって?え?」

てなりました。

 

そして頑張った結果、トーンと共に原稿をくり抜きました。

 

幅が1~2mmのうえに、原稿の上にのっている、うっすーいトーンだけを切らなければいけないという高等技術(?)が要求されるのです。

用紙は傷つけない!!!

 

力を入れ過ぎなければいいだけなんですけど、最初は力加減がわかりませんので、、。

 

慣れれば自然に出来るようになりますが、最初はカッターに慣れていないので、結構苦戦すると思います。

 

カッターについて

↑Nはし使用カッター

カッターは100均などの安いものではなく、デザイン用など、ある程度しっかりしたものを買った方がいいです

 

安いものだと持ち手とカッターの刃の間に隙間があって、細かい作業をする時に安定しません。

 

安定感で全然作業効率が違うので、ある程度いいものを持つようにオススメします。

 

トーン専用のトーンカッターというのも売っていますが、Nはしにとってはかえって使いづらく、普通のカッターで全て済ませていました。

それで割と十分かと。

 

カッターの切れ味はすぐ落ちる。トーン作業に必須なカッターの刃の替え方

意外と知らない方も多いのではないかと思いますので、一緒にカッターの刃の替え方を載せておきます。

 

刃は結構すぐ切れ味が落ちますので、都度替えながら使用します。

IMG_7133-1024x768.jpg

カッター下部分を取り外します

 

 

IMG_7140-1024x768.jpg

刃には折り目がついています。

折る分の1目盛分だけ出します。

 

カッターの後ろの黒い部分を見ると、刃を挟む隙間があります。

ここに刃をはめると、安全に折る事が出来ます。

 

ここにダメになった部分をはさんで、

 

パキッと折ります。

 

 

 

初めてやると本当に折れるのか、飛んでこないか怖いです。

でも、そんなに難しい事ではありませんので、思い切ってパキッといきましょう。

 

ただ、隙間にちゃんと入れないとカッターの折り目じゃないところで折れてしまったり、指を傷つけてしまう時があるので、気をつけましょう。

 

折った刃は市区町村の捨て方に従って捨てます。

テープで囲むと危なくありません。

IMG_7150-1024x768.jpg

トーンとカッターまとめ

「絵を描く」という言葉を聞くと、「=線をひく」と考えがちですが、実際にはこのようにカッターや、シール(トーン)など様々な道具を使っていきます。

 

カッターをここまで使う事は普段あまりないと思うので、最初はやりづらいと思いますが、何事も慣れ。

数をこなす事で解決します。

 

最近はデジタルが多数派ですが、今回のようにトーンをしっかり使えば、デジタルに劣らない仕上がりの作品をつくる事ができます。

(元々漫画はアナログでつくられていたので、当たり前といえば当たり前です)

 

次回はもっと仕上がりがそれっぽくなる、トーンの「削り」をご紹介します。

 

削りは結構難しいので、まずはカッターの使い方に慣れていく事が必要です。

今回の「トーンを切って貼る」が確実に出来るように、練習してみてくださいね。

 

 

 

-アナログ, 道具

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.