描画法

漫画用語:ベタ=黒く塗る。塗り方を解説します。

漫画用語:ベタ=黒く塗る。塗り方を解説します。

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

ベタとは、漫画用語で“黒く塗る”という意味です。

↑指示出しでは、こんな感じのペケマークで示される事が多いです。

「ここ、ベタでよろしくー」

という感じです。

上画像の場合は、髪の部分を黒くしてほしいという意味ですね。

 

漫画作業としては簡単な部類なので、アシスタントにまず振られる仕事のひとつです。

 

黒く塗ればいいだけですが、やった事がなければイメージがつかないかもしれないので、塗り方と、それに纏わる処理なども一緒に説明してみますよ。

 

割とアナログ向けの案内ですが、デジタルでも応用出来るところはあるかと。

○ベタの塗り方

黒くする部分をペンで囲む→塗る

○ベタの処理

ふちをホワイトで抜く

○アナログ注意点

・出来るだけ原稿に触らない

・インクが薄くならないよう注意する

黒くする部分をペンで囲む→塗る

ベタを塗る時は、アナログだと筆ペンを使ったりします。

 

でもいきなり筆ペンを使って塗ると、範囲が大きいのでキャラクター付近などの細かい部分は難しく、はみ出して潰してしまいやすいです。

筆ペンで潰しそうなところは、ペンで埋めます

 

細かい部分は筆ペンでは危険なので、キャラクター周りは、一度ピグマやコピックなどで綺麗に囲みましょう。

その後に、広い部分を一気に塗ってしまうと効率が良いです。

 

アナログだと、↓こちらの筆ペンは細くて、囲みに使いやすいです。

Nはし愛用品。

 

 

上のように囲ったら・・

ベタッ。

(一気にベタを塗ります。)

 

せっかくのキャラクター、筆ペンで潰してしまったらもったいないですからね。

丁寧に囲んであげましょう。

 

こういう細かいところを丁寧に仕上げると、原稿が綺麗に仕上がりますよ。

神は細部に宿るらしいです。

4.ふちをホワイトで抜く

↓こちらの記事のベタ版になりますが、

キャラクター周りを細くホワイトで抜く手法があります。

 

キャラクターが黒い髪の時や、服を着ている時はむしろ必須です。

背景とキャラクターの境目を分かるようにするためです。

どういう髪型か謎

 

 

 

 

 

 

これなら分かりますね。

 

 

 

 

嘘です。ちゃんとやります。

ピシッ!とバックとキャラクターの境目を区分けます。

 

これなら背景にキャラクターが溶け込む事はありません。

これまた1mmとか2mmとかの作業ですが、やるのとやらないのとでは全然違いが出ますよね。

アナログ注意点

アナログでベタを塗る時に気をつける事としては、2点です。

・出来るだけ原稿に触らない

・インクが薄くならないよう注意する

 

気をつける方法は、↓こちらの記事で詳しく解説しています。

ベタは、インクが原稿にベタッと大量についている状態ですから、危険度が高いのは見て丸わかりですね。

 

ベタ部分に手や服を引っ掛けると、周りの絵も台無しになりますし、悲劇です。

こういう場合の修正は、精神的ダメージも相まって結構キツイので、気をつけましょう。

 

↓もしやっちゃったら、ホワイトを頑張りましょう・・。

 

すぐには乾きませんから、すぐに隣のコマの作業をするよりも、乾燥させつつ他のページを進めると安全です。

ベタのやり方・まとめ

いかがでしょうか。

ベタは黒く塗るだけですが、インクが乗る部分が広いので、ひっかけて擦ってしまったり、危険性も高いです。

 

今回紹介したのは、細かいやり方ばかりですが、きっちりやるとかなり原稿は綺麗に仕上がります。

 

ちなみに、Nはしは割とベタ作業が好きだったりします。

最後にベタを塗ると、一気に原稿が仕上がった感が出て楽しいですよ。

画竜点睛って感じですね。

黒が入ると一気に絵にメリハリが出てきますので、最後の決め作業的な感じです。

 

綺麗に仕上がった原稿を見るために、是非丁寧に作業してみてください。

-描画法

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.