発表方法

自分の漫画を本にしたい!コピー本と印刷所に注文、どっちがいいの?

自分の漫画を本にしたい!コピー本と印刷所に注文、どっちがいいの?

こんにちは、Nはしです。

元漫画アシスタントでして、創作関連の発信をしています。

 

最近は、webでの発表が主流になりつつありますが、紙の印刷して実際に本にしてみるのもいいものです。

 

「作家にならないと自分の本なんてつくるのは難しい」

と思いがちですが、自分で本をつくるハードルは昔と比べてすごく下がっています。

自分の本をつくれば、イベントで販売なども出来ちゃいます!

 

本をつくる手段として主なものは、

  • 印刷所に注文する
  • コピー本をつくる

の二種類です。

 

↑コピー本とは印刷機(プリンタ)で自分で原稿を印刷してつくる手作りの本の事。

 

コミケやコミティアなどの”同人誌即売会“では、出展者はこの2種類の方法で自分の本をつくり、販売しています。

刷所に注文して本をつくる

印刷所に注文すると、やはりプロにお願いするので、どんな人でもクオリティの高い本に仕上がりやすいです。

 

・どんな材質・色の紙を選ぶか?

・カラーにするかモノクロにするか?

・キラキラとした効果も入れられたり

色々本をつくるのにも考える事があり、プロにお願いするので仕上がりは綺麗です。

ページ数が多い場合、コピー本では手間がかかり過ぎるので、印刷所にお願いした方が楽です。

 

デメリットとしては、お金がかかる事と、在庫が出来やすい事です。

 

印刷所では、頼む数(ロット数)が多いほど、一冊あたりの単価が安くなります。

あまりに注文する数が少な過ぎると、逆に高くついてしまう事もあります。

 

ある程度の数を頼む事になるので、売れなかった場合、在庫になってしまいますので、注意が必要です。

売れそうな量を考えて注文すると良いと思います。

 

  • メリット

製本が綺麗

手間がかからない

数を用意する事が出来る

  • デメリット

お金がかかる

ある程度の数まとめて注文するので、在庫が出来やすい

 

関連記事

おすすめデジタル漫画道具を診断してみよう!

コピー本

コピー本は、コピー機で印刷した紙を自分で折ってホチキス留めして製本します。

印刷所に頼んだ時と違い、自分の好きな時に作れるし、必要な分だけつくる事ができます。

(印刷所に注文すると、注文から家に届くまである程度日数がかかります。)

 

しかし、

・自分で印刷

・紙を折る

・ホチキス留め

と作業するわけなので、ページ数が多かったり、たくさん冊数をつくる時は大変です。

 

コピー本の作り方の記事で紹介したホチキスも、留められる紙の上限があるので、多すぎる場合は残念ながら注文するしかありません。

 

1番のメリットとしては、クラフトパンチでお洒落に穴を開けてみたり、半透明なカラー紙を使ってみたり、世界に一つだけのこだわりの本をつくる事も出来ます。

  • メリット

あまりお金がかからない

自分のつくりたい数だけつくれる

いつでもつくれる

工夫次第で印刷所では出来ないような仕上げも出来る

  • デメリット

手間がかかる=ページ数や、冊数が多いとツライ

自分のマンガを本にする方法・まとめ

・枚数が多い

・たくさん冊数をつくる

・手間をかけず綺麗につくりたい

印刷所に注文

 

・安くつくりたい

・そんなに数はいらない

・ページ数は多くない

・いま欲しい

・紙や仕上げにこだわりたい

コピー本

 

コピー本は手軽に始められるので、初心者はまずこちらから始めてみるといいかもしれません。

作り方によっては、これが手作り?!と思ってしまうようなハイレベルなものもつくれます。

 

同人誌即売会では、作り手の思いがこもった本がたくさんあります。

是非楽しんでみてください!

 

-発表方法

Copyright© 漫画の背景.xyz , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.